歯が黄色くなる食べ物は何?徹底対策して見違えるほど白い歯に!

スポンサーリンク
美しい歯

 

 

歯が黄ばんでいると、

どうしても清潔感が無く、老けて見えてしまいます。

 

やはり、ふと口が開いたときに見える白い歯は、清潔感があり、若々しく見え、誰が見ても魅力的なもの。

笑った時やお話している時、写真を撮った時などに口元が暗いと、気持ちまで暗くなってしまいますよね。

では、なぜ歯は黄色くなってしまうのか?

どのようにすれば白い歯になれるのか?

そして白い歯をキープすることが出来るのか?をお話していきます。

普段の生活の中でも、正しくケアを続けることで《自然な白い歯》は十分保てます。

顔のパーツで一番重要なのは間違いなく“口元”
残念ながら、綺麗に並んだ歯並び、白い歯、唇の荒れはメイクでごまかせません。口元が美しい女性はいい男を笑顔で落とす最強の武器を持っているということ。全ては自分で手に入れる!

歯が黄ばんでいく原因

コーヒー、赤ワイン、タバコ、紅茶、コーラ、などなど…

ポリフェノールやカフェインは歯に色素が付きやすいことは有名ですが、

緑茶や緑黄色野菜なども色素が歯に着いてしまうんです。

とにかく、

色がついた食べ物、飲みは歯を染めると思ってください。

食後の歯磨きは、虫歯予防の為はもちろん、

そういう”色の汚れ”を落とす為にも大事なこと。

でも、それだけでは1度着いてしまったステインは簡単には落ちてくれません。

3か月~半年に一回は検査も兼ねて歯医者さんでのクリーニングもしてもらいましょう。

プロにお任せしてステインや歯石、歯垢を丁寧に落としてもらうことで、

ワントーンくらいは歯の色が明るくなります◎

自然な白い歯を保つ事が出来ます。

普段の歯磨きでも歯磨き粉や歯ブラシ選びも大事ですよ!

【美歯口】自宅でホワイトニング30日チャレンジ!
今回は、歯科医が推奨する最も効果がある≪第一位≫(※楽天リサーチ)等を獲得!世界初のホワイトニング歯磨きキッド!【美歯口】について詳しくご紹介。私のように「30日チャレンジ!」系が好きな方にはとってもとってもおススメです☆笑

年齢とともに歯は黄ばむ

実は歯は加齢とともに黄色くなっていきます。

その原因は、色素沈着ではなく、歯の主体である象牙質の色です。

その外側を半透明のエナメル質が覆っているのですが、このエナメル質が年齢とともに薄くなっていき、象牙質の黄色みが透けて見えるので、歯が黄色っぽく見えてしまうことが原因。

この場合はほぼ、歯科ホワイトニングでのみ歯を白くすることが出来ます。

歯科ホワイトニング

2018年現在、歯を芸能人のように白く輝かせたいのであれば、

自宅でのセルフケアだけではまだまだ不可能です。

その理由は、モデルさんや芸能人、ハリウッドセレブのような白い歯は、

ホワイトニングだけでなく、オールセラミックにしているということもあります。

歯をより白くしたいのであれば、

やはり歯科ホワイトニングが早く、確実に白くなります。

歯科ホワイトニングの種類

歯科ホワイトニングの種類はこの3種類。

  1. オフィスホワイトニング(医院)
  2. ホームホワイトニング(自宅)
  3. デュアルホワイトニング(医院+自宅)

どれも効果は高いですが、効果・持続力を考慮して効果の高い順は

デュアルホワイトニング(抜群) > ホームホワイトニング > オフィスホワイトニング

 

①オフィスホワイトニング

相場…1万円~5万円

個人差はありますが、一回で効果を実感できます。

持続期間…約3ヶ月~6ヶ月

②ホームホワイトニング

相場…1.5万円~5万円

歯医者さんで自分の歯形に合わせてマウスピースを作製してもらい、

マウスピースに薬剤を入れて寝る前などに装着。

持続期間…約6ヶ月~1年

③デュアルホワイトニング

相場…5万円~10万円

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法。

白さを一番長持ちさせることが可能。

持続期間…一番長い。約1年ほど

料金に関しては医院によって10倍ほど変わる場合もあります。

その理由は、使用している薬剤の違いや立地等によって大きく変わります。

事前にホームページなどで調べてみたり、実際に問い合わせてみましょう。

サロンなどのセルフホワイトニングとの違い

ここ数年、エステサロンやホワイトニングバーでのセルフホワイトニングも流行っていますが、歯科のホワイトニングとは大きな違いがあります。

一番の違いは【医療行為ではない】ということなのですが、

その他にもいくつかの違いがありますのでまとめてみました。

  • 国家資格を持つスタッフがいないため、歯科で取り扱っている漂白効果のある薬剤や機械は使用できない
  • 歯科医師や歯科衛生士がいないため、セルフで行う

メリット

  • 数千円程度と安価で続けやすい
  • 痛みを感じにくい
  • 短時間で終了する
  • 回数を重ねることで元々の白さまで白くすることが可能

 

自宅で出来るホワイトニングケア

現在では自宅でのセルフケアでも、歯の白さを手に入れることは可能になってきました。

もちろん、歯科ホワイトニングまでの白さは出ませんが、

一般的な「白い歯」になることは十分可能!

当たり前ですが、納得のいく効果を感じるにはちゃんと効果のあるケア用品を使用すること。

そして、継続して使い続けること。

数回使用して効果が無かった。というのは当たり前の話。

筋トレでもダイエットでも何でもそうですが、

継続することで効果は目に見えて出てくるものです。

残念ながら市販の歯磨き粉には研磨剤で歯を削って汚れを落とす“洗浄剤”と記載されています)商品がほとんどです。しかし市販では洗浄剤不使用の歯磨き粉はなかなか販売されていませんので、ホワイトニング歯磨き粉、ジェルは、歯医者さんか、ネットでの購入が口コミなど比較しやすくオススメです。

まとめ

歯が黄ばんでいく主な原因は

  1. 食事などでの着色
  2. 加齢
  3. 研磨剤が多く配合されている歯磨き粉の使い過ぎ歯が削れてしまっている

対策方法は

  • 丁寧な歯磨き
  • 歯磨き粉にこだわる
  • 定期的に歯医者さんでお掃除をする
  • より白くなりたければ歯科ホワイトニング・セラミック治療

美しい歯は一日でならず!

歯科でのホワイトニングも、セルフホワイトニングも継続が大切です。

そしてその白さを保つためにも毎日のケアにこだわることはもっと大事なこと!

笑顔に自信を持つには歯の健康と、口元の美しさに自信をもつこと♡

皆さんも意識して色んな方の歯を見てみてください。

笑顔が素敵な人は歯も綺麗なはずです♡