自分を愛せない人は他人を愛せない説は本当

スポンサーリンク
LOVE

皆さんこんにちは。

杏奈です。

 

皆さんは、

ちゃんと自分のことを愛していますか?

 

“自分を愛する”とは、

自分を甘やかす、またはナルシストとも少し違います。

今回のタイトルにもありますが、

「自分を愛せていないのであれば、他人を愛することはできない」という話を聞いたことがあるでしょうか?

この説は、私も実際に経験していますが、本当です

 

では、なぜ自分を愛していなければ他人を愛することが出来ないのか?

自分を愛せるようになるにはどうすればいいのか?

その方法と答えはとても簡単です

他人を愛せない人は自分が可愛い

自分を愛するということは、

自分を甘やかしてもいい、自分が可愛い。とは違います。

他人を愛せない人は、「守り」の人が多いです。

自分が可愛いから自分に無礼な態度を取ることが許せない。

つまり、それが「束縛」や「嫉妬」になっていくのです。

それは恋人や夫だけではなく、

友人や家族までをも巻き込んでしまう人もいます。

自分が傷つかない様に、相手に対して厳しいルールを作ってしまうのです。

それでは、いくらあなたのことが大好きでも、

いつか相手も疲れてしまいます。

じゃあどうすればいいのか?

その答えが、「自分を愛してあげること」なのです。

なぜ自分を愛していないと人を愛せないのか

はっきり言わせてもらうと、

自分を愛せない人は悲劇のヒロインタイプが多いです。

◇ 自分を愛せない人の特徴 ◇

  • 私には何もないと思っている
  • 私は人に愛されるような人間じゃないと思っている
  • コンプレックスが多い、多すぎる
  • よく泣き、よく怒る(喜ぶ、笑うことが極端に少ない)
  • 言い訳、責任転嫁が上手
  • 人を妬む、愚痴が多い
  • 褒められるとバカにされてると思っちゃう
  • 「凄い!」とかより「可哀想」とか「大変だね」って思われたい
  • ネガティブ妄想が大得意
  • なんなら私なんて生まれてこなければよかった…なんて考えちゃう
  • こんな自分なんて大嫌い!と思っている自分が好き
  • 病みたがる

自分を愛していない人は、相手に多くを求めます。

自分は足りていないという意識からか、

その足りない部分をパートナーに埋めてもらおうと求めすぎてしまうのです。

それは、いわゆる“足りないところを補い合う”とは違います。

本当の愛は、見返りを求めません。

「私のことが好きって言うのに何で他の女と話すの?」

「なんですぐ連絡返してくれないの?」

と、心に余裕が出来なくて相手をとことん責めてしまう。

愛する人と一緒にいたい。ではなく、愛してくれる人と一緒にいたい。

私を愛してくれる人を愛している。と考えていることが多いので、

私を愛しているならそういう態度を取ってよ!

私のことが好きなら他の女の連絡先を消して!など、

相手に多くを求めてしまうのです。

自分を愛するには、自分のことを理解してあげる

自分を愛せるようになるたった一つの方法。

それが、「自分を理解してあげること」です。

自分を愛していないということは

自分を大事にしていない、

自分のことを理解してあげていないということ。

  • 何をしている時に楽しいと感じるのか
  • どんな食べ物が好きなのか
  • どんな人が好きなのか
  • どんなことにやりがい、生きがいを感じるのか
  • どういうところが長所なのか
  • 短所はどういうところか
  • どんな所を人に褒められるのか
  • 特技は何か
  • チャームポイントはどこか
  • どんな人に憧れ、どんな人になりたいのか
  • etc…

こんな風に、自分を理解する為には書き出すことが一番シンプルで気付くことも多いと思います。

自分を理解してあげると、色んなものが見えてきます。

一番大切なことは自分を認めてあげること。

そして、自分に自信が無いのであれば、

どうすれば自信が付くようになるのか?

自分の欠点を活かす方法はないだろうか?

どんな風に生活すればいいのか?

今はネットを開けば沢山の情報があります。

その中から、自分にとって、すっと入ってくる情報を参考にしてみることも一つの手です。

まずは自分自身を理解するために、少しづつ整理してみましょう。

ネガティブは自分勝手

自分の自信の無さは、言葉にしなくても人にも伝わってしまうものです。

その逆で、自信のある人は生き生きとしており、

それは周りにも伝わるもの。

中には、「私なんて…」が口癖で、やたら自分の可哀想な部分を周りにアピールする人もいますが、

これは『自分勝手』です。

ネガティブな力はポジティブな力よりも何倍も強いです。

ネガティブ発言で「そんなことないよ」待ちかも知れませんが、

自分を否定される前に自分から自分の価値を否定して見せているだけなのでしょうが、

それは周りの人に気を使わせてしまうのです。

ネガティブに考えても、得は何もありません。

どんな人でもコンプレックスはあります。

でも、それを周りにわざわざ報告する必要はないですよね?

そのコンプレックスとチャームポイントは紙一重です。

つまり、これは私の恥ずかしい部分だ。と、自分が決めてしまっているということ。

無理に前向きになる必要も無いと思いますが、

今ある自分の価値は、他人ではなく自分で決めています。

それなら、わざわざ自ら価値を下げる必要は無いのではないでしょうか?

そもそも誰にも愛されない人なんか存在しない

だから、思いっきり自分に自信を持っていいのです。

誰に、何て言われようと。

自分を愛してあげることが出来るようになると、

今まで何だったの?って思ってしまうほど

全てが上手く行き始めるようになります。

それは、自分を愛せているから心に余裕ができ、

小さな幸せにも目が届くようになるから。

自分を愛せていない人は、どうしても自分を守りたくなってしまうので視野が狭くなっているだけなのです。

自分を愛せるようになると、

周りが変わるのではなく、自分自身の視点が変わる。

まるで世界が変わったように感じます。

でも、それはあなたが世界への見方が変わっただけ♡

せっかく生まれたんだから、

もっと自分を愛して、楽しい人生の方が絶対得に決まってるんだから!

自分自身が最高に気に入るような人生設計を建ててみよう。

みーーーーーんな同じように何かあるんだから!みんな一緒。

自分だけが可哀想なんて思わないことね!

杏奈