恋愛の仕方忘れた!恋愛の仕方を思い出す方法

スポンサーリンク
LOVE

みなさんこんにちは。

杏奈です。

 

最近、私の独身の友人の中で多い悩みが

年齢とともにキャリアアップもし、

気の置けない友人たちがいて、

趣味もあって、

恋愛以外は本当に充実している。

てか、そもそも…

「恋愛の仕方を忘れた」というもの。

 

実際、私もそういう時期がありましたが思い出した中の一人。笑

 

私が友人たちの恋愛の状況を見ていると、

「ときめかない」「良い人がいない」って、

その時の心境や状況だったり、

実際に恋愛対象として見られる人が周りにいないだけだったりするんですよね。

もしかしたら、

ただ意地になってしまっているだけだったり。(実は運命の人は近くにいました。ということも多い。)

恋愛の仕方は、意外と簡単に思い出せるかもしれません。

今回は、そんな方たちが恋愛の方法を思い出す参考になれば幸いです。

素直になれなくなった

「恋愛の仕方を忘れた」人は、

どんどん自分に言い訳することが上手になり

意地になってしまう傾向があったりします。

それは、年齢とともに経験値が上がり、

周りの人たちの話や自分自身の経験が、

恋愛に対して怖いもの、面倒くさいものという固定概念を作ってしまっているということがあります。

それがどんどん恋愛から自分を遠ざける原因の一つ。

恋もトキメキも、

意識していると意外と身近にあったりするものです。

自分でバリアを張ってしまっていては出来るものも出来なくなってしまうのです。

恋愛が怖くなった

恋の仕方を忘れてしまった人の中でも、

恋愛に臆病になってしまっているということが少し厄介。

年齢的にも恋で傷付くのが怖くなるのは私も痛いほどわかります。

恋愛に臆病になっている場合、

男性に対して色んな理由をつけて「この人はダメだ」と判断してしまうので、「いいな」と思っても前に進む勇気や気力が湧かない。

そうなってしまうと悪循環が止まりません。

少なくともこのブログを読んでいる方は結婚願望や恋愛に前向きな方々だと思いますので、

できるだけ早く前向きになっていただきたいところです。

じゃあどうすればその壁を破ることが出来るのか。

それは、

 

自分に素直になってあげること。

 

素直になるって

そんなにカッコ悪いものではありません。

何も損することもありません。

気持ちに余裕があれば傷はそんなに深くなりません。

“一所懸命”やろうとするから意気込んでしまい、うまくいかないと“失恋”という感情になってしまうのだと思います。

たとえ誰かを好きになって傷ついたとしても

それは次に繋がる学びになります。

それは自分自身のレベルアップです。

恋はもっと気軽でいい。

よく行くコンビニの店員の男の子が可愛い♡とか、そんなノリでいいんです。

自分の恋を誰かに話す必要はない

女って生き物は、

何でもかんでも人に話す傾向があります。

「いいな」って思えた人が出来たら仲のいい友人に話す、という方も少なくないと思います。

もし話してしまえば経過を報告しないといけなくなる。

もし上手くいかなかったらそれも報告しないといけなくなる。

それが恥ずかしいからアクションを起こしたくないという人もいるのでは?

女性は、勝手に「報告しないといけない」と思っている人が多いんです。

じゃあ、

報告しなければいいのです。

どうしても自分だけで抱え込めなくなった時に信頼できる友人に相談してみればいいだけの話です。

最初から結婚を意識しない

一定の年齢を超えるとどうしても考えてしまうのが「結婚」ですが、

最初はそこまで考える必要はないと思います。

なぜなら、付き合ってみないとわからないことが沢山あるから

それはお相手にとってもそうです。

最近流行りの婚活でもそうです。

出会った時は素敵だと思っていたのに

付き合ってみると価値観合わない。見ているビジョンが違う。夜の相性が合わない、好きな食べ物が合わないなど、色んな事が分かってきます。

それが合うな、とわかってきた時に結婚という流れが自然に出来てくるものです。

最初はどうしてもお互い良いところだけを見てもらおうとしてしまいますので、最初ではわからないのが当然なのです。

もう失敗できない、と、最初から意気込むから出会うまでに時間がかかる。

それよりも、世の中にはどんな男性がいるんだろう?と好奇心旺盛でいいのです。

それが慣れていくと、恋愛の仕方なんて考えずに、自然と素敵な彼が出来ているものだと思います。

「興味」から入ってみる。

この人はどんなお話をするんだろう?

どんなお店を知っているんだろう?

どんな洋服を着るんだろう?

どんなキスをするんだろう?

 

少しづつ知っていけばいいのです。

結婚どころか、別に付き合う前提でデートする必要はありません

新しいお友達。くらいの軽い気持ちでいた方がかしこまることもなく自然に自分のこともわかってもらえますし、

お相手の男性のことも無駄に厳しい目で見なくなるものです。

中には、本当に無理!!!

と感じる人もいると思います。

そんな時は、

「あ~付き合う前にわかって良かった。」

くらいの軽い気持ちでいい。

いちいちがっかり落ち込んでいる暇は無いのです。

即!上書き保存!次行ってみよう!!!

デート相手は一人じゃなくていい

付き合っていない段階では、

まだお互い“友人”の関係です。

別にデートするからといって恋愛感情は無くていいのです。

男友達と遊びに行く。くらいのフットワークの軽さで。

だからもちろん、

やましいことをしているわけではないので

男性に隠す必要も無いと思います。

言い方としては

「まぁ、二人でも遊ぶ男友達はいるよ」

くらいで。

さすがに「他にもデートしてる人いるよ」

なんて直球はダメですよw

まとめ

  • 気持ちに素直になってみる
  • 誰かに話す必要はない
  • 興味から近づいてみる
  • “新しいお友達”くらいの気持ちで
  • デート相手は何人いてもいい

最初から結婚を意識するから相手にも“重い”と思われてしまったり、“金目当て(相手がお金持ちならw)”と思われてもしょうがない。笑

自分の意識一つでお相手への対応も自然と変わります。

まずは二人で遊べる異性の“お友達”を増やすことで慣らしていく。

その中で、この人がいい。と思えればそれなりのアプローチに切り替える。

焦る必要なんか全然ありません。

ゆっくり、少しづつでいいのです。

杏奈

【無料】わずか12問で、あなたの恋愛観をズバッと診断!!

LOVE
杏奈をフォローする
スポンサーリンク
ずるいくらい“いい女”になる方法