沖縄人は美白が多い!夏の強い紫外線徹底対策

スポンサーリンク
BEAUTY

皆さんこんにちは。

杏奈です。

 

突然ですが、

私は沖縄生まれ沖縄育ちで、海が大好き!

 

ですが真夏の沖縄は、

日焼け対策せずに無防備で海になんか行くと

小一時間ほどでえげつないくらい日焼けするので

美肌を守るためには完全防備で臨まないといけないのです。

 

沖縄では日焼け対策は人三十倍くらいしていないと

曇りの日でも十分焼けてしまいます。

晴れてる日は小一時間日に当たっていれば十分真っ黒に日焼けしますので

日焼け対策に関しては沖縄の女性はもはやプロの領域です。w

実際、沖縄の女性は色白の方が多いです。

通勤、通学するだけでも真っ黒になっちゃうんだから。
今の女子高生たちはどうか分からないけど

私が高校生の時にはみんな日傘さして登校してましたね。懐かしい…

 

肌質も寒い地域の方々と真反対と言っても過言ではないので

毛穴は開きやすいしとてつもなく日焼けしやすい。

赤くなって引くだけの人はほとんどいません。

赤くなって、黒くなるのです。

そして若いうちからシミやシワになるのです…泣
私も以前はウェイクボードやサーフィンをやっていましたし、

マリンスポーツは大好きでしたが、

将来のシミやシワが怖くなり、肌の為に引退して、

今ではすっかり海は”見に行くところ”です。

それでも海に行く為には日焼け対策はもちろん万全に!

今回は私や私の友人たちが実際に行っている日焼け対策方法をご紹介していきたいと思います!

沖縄の色白女性たちがどうやって日焼け対策をしているのか

さて、沖縄人は美白が多いというお話をしましたが、

一体こんなに強い日差しの中、どうやって日焼け対策をしているのか。

実は私自身はあまり完全防備!!!というほどの対策はしておりません。

個人的には日焼け止めクリームと日焼け止めサプリくらいで十分なので

それくらいしかしていないのですが

対策を万全にしていることに越したことはないのでご紹介します。

本当の話ですが、ネタだと思って読んでいただいて構いませんw

お母さんたちは基本は長袖長ズボン(マキシスカート)

+顔がすっぽり隠れるサンバイザー。

もはや、どれが誰のお母さんかわかりません。

日焼け止めは1時間に一回塗りなおす

肌を露出する場合、これは必須です!

運転中は二の腕まで隠れるアームカバーやUVカット効果のあるアウターを着用

着けないと右腕だけがめちゃくちゃ焼けます。コレマジ

もちろん助手席に座っていたら左腕だけ焼けるので、

とにかく車に乗るときは日焼け対策のためにUVカットのパーカーを着たりします。

もし、皆さんも真夏に南へ観光に行くことがあれば、

車内だからと気を抜くことなかれ

外出時、日傘は忘れずに

少しでも直射日光を避ける為には必須アイテムです。

沖縄は夏になると熱中症、日射病でバタバタ倒れる人が出ますので

熱中症対策にも一本は持っていた方がいいです。

せっかくの休日、そこまでしたくない…

正直1時間に一回全身の日焼け止めを塗りなおすなんて面倒くさいし、

そんな小まめに塗っていられるほどの時間に余裕があるのか。

女性だけのグループ(同じ価値観の)なら理解してもらえるかもしれませんが、

男性と一緒だったら面倒くさがられる気がします。

自分が日焼け止めをえっさえっさ塗ってる間に待っている人がいるわけですからねw

私は基本的にアウトドアが好きな性格なので、

いちいち日焼け止めを塗っている時間がもったいないし、

日傘も邪魔だし(状況によってはちゃんと差します。)

心から楽しめない気がして嫌なんです。

なので最初に書いたように、

私自身は簡単にできる日焼け止め対策しかしていません。

飲む日焼け止めだけでは効果は無いけどそれでも飲んだ方が良い理由
どれだけ高品質な飲む日焼け止めを飲んでも絶対に日焼けします。それでも飲む日焼け止めを飲んだ方が良い理由。

私が実際に行っている日焼け止め対策

私が実際にしている日焼け対策はこんな感じ↓

  • 家を出る前に日焼け止めをまんべんなく塗る
  • 家を出る30分前くらいには日焼け止めサプリを飲んでおく
  • 2~3時間に一回くらい、軽く日焼け止めを塗りなおす

日焼け止めサプリは【インナーパラソル16200forUV】を飲んでいます。

(※飲む日焼け止め自体に日焼け止め効果があるわけではないので、日焼け止めクリーム・ジェル等も併用してください。)

まとめ・帰宅後のアフターケアは忘れずに!

いくら日中日焼け対策をしていたとしても、

日光には当たっていますし、

お肌がノーダメージということはありません。

帰宅後のアフタースキンケアは万全にしましょう。

普段からビタミンをよく摂るようにすること、

スキンケアでしっかり保湿をしてあげること。

耳タコかも知れませんがこの当たり前が数年後の差になります。

いつまでも綺麗な女性でいる為には

日々の努力は欠かせません。

それだけじゃなく、小さなことでも日々を楽しんで生きていくこと。

それが一番女性を輝かせるのだと思います。

杏奈